地域活動

成田俊彦代表取締役 レノファ山口FCアドバイザー就任のお知らせ

山口ペイトリオッツ運営法人山口プロバスケットボール株式会社代表取締役成田俊彦が、2月20日に開幕を迎えるJ2レノファ山口FCのアドバイザーに就任することとなりましたのでお知らせ致します。

レノファ山口FCが今年より開始する専門アドバイザー制度において、任期の今シーズンの間、アドバイザーの一人としてクラブ運営向上のため継続的なアドバイスを実施致します。

山口プロバスケットボール株式会社
代表取締役 成田 俊彦 Toshihiko Narita

1960年4月9日生まれ。東京都出身。京都産業大学卒業後、83年マツダオート東京(91年アンフィニ東京に社名変更)入社。選手として活躍し引退後はスタッフとしてチームに携わる。1996年の廃部を機に日本初の市民球団「所沢ブロンコス」(2000年「埼玉ブロンコス」に改名)を設立し日本リーグに参戦。2005年日本初のプロバスケットボールリーグbjリーグの設立・参画に携わる。2016年のBリーグ発足からB3リーグに所属。2020年埼玉ブロンコス代表取締役社長を退任し、山口県でBリーグクラブ設立のため山口ペイトリオッツ運営法人山口プロバスケットボール株式会社代表取締役に就任。2021年よりB3リーグ参入を果たす。